バナー
 
Institute of Dragonfly Natural History

トンボ自然史研究所

2014年8月17日
オープン!
             
お知らせ
◇トンボ自然史研究所へのマスコミからの相談対応実績をアップしました。2017.7.20.

お蔭様で、当研究所のブログの累積アクセスが1万回を超えました。2017.6.16.

◇ブログ更新等の最新情報はトンボ自然史研究所のフェイスブックに掲載しております。このフェイスブックはどなたでもフォローできます。2017.2.28.

トンボ自然史研究所は、本日、お蔭様で開設2周年を迎えました。2016.8.17.

トンボ自然史研究所のフェイスブックを公開しました。2016.2.26.

◇「教えてgoo」の編集者から取材を受けました。紹介記事へ。2015.9.9.

◇トンボ自然史研究所はお蔭様で開設1周年を迎えました。2015.8.17.

◇弊研究所へのテレビ局、新聞社からの制作協力依頼、記事へのコメント依頼が相次いでいます。2015.7.9.

◇生方代表が大正大学非常勤講師に就任、動物生態学と保全生物学を担当。2015..4.1. 

◇生方代表がFacebookでの情報交換活動を開始しました。2015.2.17. 

◇ 公式ブログの掲載記事が100件を突破しました。ブログ索引もご覧ください。2015.1.19.◇「教えてgoo」の編集者から取材を受けました。紹介記事

◇トンボ自然史研究所はお蔭様で開設1周年を迎えました。2015.8.17.

◇弊研究所へのテレビ局、新聞社からの制作協力依頼、記事へのコメント依頼が相次いでいます。2015.7.9.

◇生方代表が大正大学非常勤講師に就任、動物生態学と保全生物学を担当。2015..4.1. 

◇生方代表がFacebookでの情報交換活動を開始しました。2015.2.17. 

◇ 公式ブログの掲載記事が100件を突破しました。ブログ索引もご覧ください。2015.1.19.「教えてgoo」の編集者から取材を受けました。紹介記事

◇トンボ自然史研究所はお蔭様で開設1周年を迎えました。2015.8.17.

◇弊研究所へのテレビ局、新聞社からの制作協力依頼、記事へのコメント依頼が相次いでいます。2015.7.9.

◇生方代表が大正大学非常勤講師に就任、動物生態学と保全生物学を担当。2015..4.1. 

◇生方代表がFacebookでの情報交換活動を開始しました。2015.2.17. 

◇ 公式ブログの掲載記事が100件を突破しました。ブログ索引もご覧ください。2015.1.19.
 

◇ このホームページのURLを現在のものに変更しました。2014.11.10.

公式ブログの「掲載記事索引(トンボ分類順)」をブログにアップしました。2014.11.1.

公式ブログを週3,4回のペースで
更新中です。生態写真つきの記事も20件を超えました。2014.10.10.

「トンボ自然史研究所」の公式ブログを公開しました。 2014.8.29.

◇「トンボ自然史研究所」のブログ(暫定版)を公開しました。 2014.8.23.


◇当研究所開設にトンボ研究の先輩・友人の方々から祝賀メッセージが届きました。詳細はこちらです。 2014.8.23.

◇雑誌「昆虫と自然」9月号特集の表紙に、当研究所代表(生方秀紀)撮影の写真(こちら)が掲載されました。 2014.8.23.


「トンボ自然史研究所」のホームページを開設しました。 2014.8.17.

◇雑誌「昆虫と自然」9月号特集に、当研究所代表(生方秀紀)が寄稿しました。2014.8.17.

◇日本自然保護協会の機関誌「自然保護」2014年9・10月号に、当研究所代表(生方秀紀)が寄稿しました。2014.8.17.




Diphlebia euphaeoides
オーストラリアで撮影
© Hidenori Ubukata


アクセスカウンター
アクセスカウンター
visits since August 17, 2014.


トンボ自然史研究所のホームページへようこそ!


      ベニトンボTrithemis aurora ♂ (沖縄県で撮影) © Hidenori Ubukata


 日本の、そして世界のトンボの自然史(生活史、行動、生態、進化)を研究し、トンボとその生息地の保全の活動や、トンボの生物学の知識の普及に貢献することを目的に、2014年8月17日に設立しました。


「トンボ自然史研究所」の公式ブログを是非ご覧ください。生態写真つきの記事、行動の適応性や形態の機能についての解説記事などを、週3,4回のペースで追加しています。 こちらをクリック!

このホームページのURLを現在のものに変更しました。2014.11.10.
(旧)http://www.ne.jp/asahi/dragon/fly/index.html
(新)http://dranathis.web.fc2.com/index.htmll

 ☆活動

◇当研究所では、調査、研究、講演、執筆、翻訳、監修、コンサルティング、出前授業、野外授業、情報発信などの活動を行います。
◇活動の詳細については、メニューバーをクリックしてみてください。
◇情報発信については、このホームページにトンボの自然史に関する評論や情報、写真なども積極的にアップロードし、皆様に楽しんでいただけるサイトを目指してゆきます。

 ☆所在地

◇埼玉県さいたま市桜区にオフィスがあります。
◇詳細についてはメールでお問い合わせください。

 ☆コンタクト

 ◇ここをクリックしてメールによりお問い合わせください。


  All rights reserved. © Hidenori Ubukata.  
inserted by FC2 system